Count 五月のとある日 目次へ戻る



橋から河川敷を見下ろすとシャクヤクの畑…

高社山をバックに先ずは一枚



花の栽培が目を引く。

背景の杉の林は黒い陰になるだろうことを予測して
ニョキニョキと伸びる姿を撮ってみた。



ふと振り向くとこれも綺麗

また一枚。シャッターを切った。



田植えを終え水を張られた水田は鏡のよう
集落を取り囲みのどかそのもの…

春の農作業を終え、夏に向けての一休みと感じた。


空はぬけるような青

山は深い緑




逆光で輝く



野沢温泉。

全景


谷川沿いのほんのわずかな土地に広がる水田

時間は三時を過ぎたところ…もう日があたらない。





棚田も風情があるが過酷な農地。

谷沿いに広がる水田も過酷であることには変わらない。




棚田と区別してあえて呼ぶなら谷田。

川の音だけが聞こえるひっそりとした空間だった。



お決まりの夕景

この日の空は西の空に雲一つない



水田が鏡のように空の色を映す・・・

多分、田植えの終わったこの時期だけしか見られない鏡だと思う
 




今日も一日が終わりました。


御付き合いいただきありがとうございました。


ホームページへ戻る 目次へ戻る

最終更新は