シャア対アムロ ララア編

ゲルググ・・・シャアが乗り継ぐこと3機目となるジオン軍最新鋭機

マグネットコーティングで機動性を確保したガンダムはアムロの手足となる

 

そして

 

ニュータイプ専用モビルアーマーを託されたララア

連邦でも希有な女性パイロット、セイラ・マス

 

戦場の中にお互いを感じ取り、共感し合いぶつかりあっていく・・・

ソロモンにて

 

ビットによる超遠隔攻撃、ララアにとってこれが初陣となる・・・

「呼んでいる?」

 

 

 

「何が見えるんだ・・・?」

 

アムロはその攻撃を必死に感じ取ろうとした。

「あの輝きがララァの仕掛けたものなのか・・・

すごいものだな」

しかし、

激しい頭痛に見舞われたララァは

いったんここで引き上げることとなった・・・ 

そして・・・

 

ララアとアムロ・・・

  二人は再び戦場でめぐりあうことになる

「とんがり帽子の付録か!」

 

再び射出されるビット・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、アムロの存在に動揺するララァにはビットの制御が維持できない・・・

 

ガンダムは次々とビットを撃破していく・・・

 

 

 

 

それがララアであることに気がついたとき、アムロは戸惑いを覚え

 

 

二人の心は急速に接近する・・・

 

 

 

しかし・・・ #2へ

ページの先頭へ戻る