カウンター

Chapter.6 番外編

失敗作大公開 #3

当然失敗もするんです。

すごい!きれい!かっこいい!と公開するたびに寄せられる感想・・・うれしいんだけどどこか良心をとがめられる思いがしています。本当はたくさんの失敗写真がごみのように転がっているんです。

取っておくほうも取っておくほうですが。どうせだから、ドンと公開しちゃいましょう!

何かアイディアになるものを探していただければ幸いです。

調子にのって第三弾はグフです

グフの未公開映像よりグフの正規公開版は こちら ※別窓で開きます

グフにポーズをつけて撮影しましたが、なんだか異常なほど左手が大きいし、何よりも画面に対してモデルが小さい・・・この辺はトリミングで何とかなりますが、どうも納得できないので却下しました。

変にはまり込んでポーズつけるより、普通に撮影するところからはじめたほうがいいみたいです。

公開したのが、下の写真です。

全体像がわかる写真は必須ですよね。

光で見せる!

グフの顔アップです。光の強弱や方向でこんなにも印象が変わります

ほぼベストといった撮影です。

やはりモノアイに光が当たっていないと

つまらない印象です。

真っ暗けだけど何かそれなりの雰囲気があります

明るすぎですが、こちらもなにか雰囲気あります。

しっかり見せる!

表現したいものがしっかり写っていなければ伝わらないものですが、バックパック下の汚れがこの写真のテーマです。したがって写真としてかっこよくても肝心のものが写っていなければ、明らかに失敗ですよね。

全体に暗いのに肝心の部分が光ってます。

ほかの部分はベストですが、まだ光ってます。

これなら見れますね

背景との明るさのバランス

どれもいいといえばいいのですが、ここはモデルのイメージやどう表現したいのか?いわばセンスで差が出ます。

ちょっとまぶしい感じ、健康的です。

背景のモデルの明るさがアンバランス 。

モデルのほうが明るすぎるというのもねぇでも、影となると雰囲気が出ます。

このページの先頭へ

それでは次のページ 「失敗作大公開 #4」 に進みましょう!

※サーチエンジン等でいきなりこのページを開いた方、ホームページは こちら http://www.shoi.org/pramo/ 別窓が開きます。