カウンター

Chapter.5 撮影後の処理

画像の保管と管理

すべて保存が原則です

撮影技術の向上には、たくさん撮影することは当然ですが、過去に撮影した写真を見返してみることも非常に重要です。「もういらない」とか「下手だったときの写真は恥ずかしいから」と安易に削除することなく、CD-R(DVD-R)などで保存しておき、時々見返してみると良いでしょう。

撮影直後は何も感じなかった写真でも、数日後・数ヵ月後に見直してみると新たな発見があるものです。それが撮影技術の向上や新たな撮影アイディアにつながるのです。

保存画像の活用法

explo

撮影した際のすべての写真を保存しておくと何かと便利なもので、撮影直後は失敗したと感じる写真も後々生きてくる場合があります。

ガンプラは完成後は壊れていく一方かもしれませんが、撮影した画像はいつまでも褪せることはありません。完成と同時に良質な撮影を済ませておくのが一番、たくさん撮影してCG化したり壁紙製作したり・・・と、遊ぶことも出来ます(笑)

結論

失敗せずにガンダム撮影は存在しません。失敗の痕跡を残しておくことが大切なのです。

○

このページの先頭へ

それでは次のページ 「番外編この一枚ができるまでゴッグ」 に進みましょう!

※サーチエンジン等でいきなりこのページを開いた方、ホームページは こちら http://www.shoi.org/pramo/ 別窓が開きます。